笑福亭学光師匠の落語学校に入学し施設に訪問して日々楽しんでいます。落語のネタを考えるのが日常になってきたお笑い福祉士3級の宝石鑑定士です。普通の日常生活を落語で紹介した笑いと涙のブログです。
  • 04«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »06
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年10月31日 (日) | 編集 |
    神戸新聞きつね


神戸新聞で地元紙ならではの記事がありました

軒先のスリッパや靴が盗まれる盗難事件が相次ぎ
ある民家では4日も続けて被害にあったそうです
とうとう警察が本腰を入れて捜査に乗り出しました

聞き込みによると
 『履物をくわえたキツネを見た』との情報があり
しらべてみると神社周辺に片方だけの
 履物が散乱していたそうです 

そこで警察は『犯人は神社の裏山に住む
 キツネの犯行と断定しました


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


今でこそこのような事件があるぐらいですから
昔はわらじをくわえたキツネは多くいたでしょうね

そこでこんな小話を考えました 


【犯人はキツネ】


ある宿屋で翌朝お侍が
 たとうとすると自分のわらじがありません
そこでお侍は宿の亭主に聞きました

『これ拙者のわらじはいかがした』すると亭主は
「あ~お侍様もですか  わらじ専門の盗っ人が仕業じゃ」
『なに 不届きな奴  拙者が成敗してくれるわ 』

あまりにもお侍さんが怒るので宿の亭主は店の者で
犯人を見つけてお侍さんに知らせることにしました 

「お侍様 お侍様 盗っ人がわかりました
『うぬ ここへ連れてまいれ 拙者が成敗してくれるわ 』

「どうしても 成敗なさいますか
  よしたほうがいいかと思いますが・・・ 」
『な・なんと申す 成敗しないと気がすまぬわ 』

「それがお侍様 実は盗っ人はキツネでして・・・」

ぬ・ぬ・ぬ ならば拙者が手打ちにしてくれるわ


 に参加しています。
クリックよろしくお願いします。


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。