笑福亭学光師匠の落語学校に入学し施設に訪問して日々楽しんでいます。落語のネタを考えるのが日常になってきたお笑い福祉士3級の宝石鑑定士です。普通の日常生活を落語で紹介した笑いと涙のブログです。
  • 05«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »07
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年06月18日 (土) | 編集 |
笑福亭学光師匠の落語教室のある一日


「お笑い福祉士」ってなに
「3級」って と
とっても仲のよい仲間達から質問されました
で わたしの知る限りの『お笑い福祉士』に
ついて述べさせていただきます 


「お笑い福祉士」とは

笑福亭学光師匠が考案したもので
2004年に徳島でうぶ声をあげました 

認定資格は能力に応じ1~5級が与えられます
級で人前に出て芸を披露でき
級なら学光さんの前座
級になれば独演会を開くこともできる
  というぐらいの腕前のレベルが基準になっています

お笑い福祉士」の審査会は
笑福亭学光師匠のほかに芸事に厳しい
芸能関係者を招き開かれます 

お笑い福祉士はもちろん公式の資格ではありませんが
笑いこそ健康の源」という考えのもと
笑いを届ける人 笑いを受け取る人 その双方が
笑い」で元気になる事を願って考案されました

『笑いを提供して自身も健康に
『笑いは元気の貯金箱
現金なくても げんき げんきはいっぱいだぁ~

今日も 絶好調 絶好調 絶好調

今日も 絶口調 絶口調 絶口調』 になります



 に参加しています。
クリックよろしくお願いします。



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。