笑福亭学光師匠の落語学校に入学し施設に訪問して日々楽しんでいます。落語のネタを考えるのが日常になってきたお笑い福祉士3級の宝石鑑定士です。普通の日常生活を落語で紹介した笑いと涙のブログです。
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年05月05日 (木) | 編集 |
神戸新聞2011年3月4日ヒッチハイク女子


ヒッチハイクで全国47都道府県を踏破した
22歳の女性がその体験を本にして出版したそうです

著書のタイトルは
ヒッチハイク女子、人情列島を行く
1年4ヶ月の珍道中の体験を下に
県民性を大胆に分析した本だそうです

例えば
青森は旅人にやさしい
茨城はおおざっぱな人が多い
神戸は日本一イケメンが多い

神戸の男性は会話も気遣いもうまくイケメンぞろい
と語ってくれたそうです

なんか神戸で淡い恋でもしたのかな

いや~それにしても53年間ずっと神戸に
住んでいる私としてはとっても照れますなぁ~

旅に出るまでは極度の人間不信やったのに
いまでは医師を目指して猛勉強中だとか・・・

池田さん ええ子やなぁ~
あ~ なんかめっちゃ うれしいニュースです


。。。。。のっていけないヒッチハイク。。。。。


「いや~たいしたもんやなぁ ヒッチハイクで
   なんと女の子が全国を踏破したんやからなぁ
   おまけに本も出版したんやて すごいなぁ」

『いや~ おれもやろ~と思っとったんや』
「えっ 何を・・・」
『あの~ ヒッチハイクを・・・』
「お前みたいなおっさん
   誰が車に乗せるねん うっと~しい」
『え~ 男はあかんのんか
「あたりまえやん」
『ほなこんなんどうやろ
「どんなんやねん


『いけださん
    人情列島
    駆け抜けてん』

   『日本一
    イケメン多い
    神戸やで』

   『県民性
    ヒッチハイクで
    大胆に分析』

  『旅先で・・・え~っと え~っとあ~ もう浮かばへん』

「なんやねん それ」

必死俳句です


「池田さん すいません



 に参加しています。
クリックよろしくお願いします。



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。