笑福亭学光師匠の落語学校に入学し施設に訪問して日々楽しんでいます。落語のネタを考えるのが日常になってきたお笑い福祉士3級の宝石鑑定士です。普通の日常生活を落語で紹介した笑いと涙のブログです。
  • 05«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »07
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年12月23日 (木) | 編集 |
12月23日神戸新聞記事より

     将棋のこまがでました 


神戸新聞によりますと
島根県出雲市の身分の高い武士の
住居跡から将棋の駒2枚と
将棋盤の一部が出土したそうです 

しかもこの将棋盤は刃物の跡が残っており
廃棄される前にまな板に使っていたと
思われるそうです 

さらにさらになんとこの将棋盤は最古だそうです

駒のほうは残念ながら文字は読めなくて
   
なんだかわからないそうです


。。。。。。。。将棋のこまかい会話。。。。。。。。


「武士の住居跡からの将棋盤と駒がでてきたそうです」
オオ~
「しかも将棋盤は最古らしいですよ」
ヤリ~
「でも駒は文字が読めないらしいです」
フ~
「どうせなら金銀だったらよかったのに」
カクッ

  将棋の 駒かい 会話でした


 に参加しています。
クリックよろしくお願いします。



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。