笑福亭学光師匠の落語学校に入学し施設に訪問して日々楽しんでいます。落語のネタを考えるのが日常になってきたお笑い福祉士3級の宝石鑑定士です。普通の日常生活を落語で紹介した笑いと涙のブログです。
  • 08«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »10
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015年03月09日 (月) | 編集 |
合成クォーツ中国製

写真の宝石はバイカラー・クォーツ
アメシストとロッククリスタルの組み合わせです
紫色と無色の組み合わせでバイカラー
と言っていいのか?どうなのかわかりませんが
とにかく『バイカラー・クォーツ』で販売されています

この宝石は『きれいです』吸い込まれるぐらい
でも残念ながら写真のバイカラー・クォーツは
中国製の合成宝石です
わたしは出始めた頃サンプルとして手に
いれましたが合成宝石の表示がされないで
販売されていることもあります

天然宝石は永い成長過程において
自分だけが成長しているのではないのですから
もちろん他の成分や組織がお邪魔をします
でもそれが自然なのです
合成宝石は純粋に自分だけが成長します

天然クォーツインクルージョン多く有ります

写真の宝石もバイオレットとカラーレスが確認できます
色もムラがありインクルージョン(内包物)も多くあり
少し納得は行きませんがこの宝石もバイカラー・クォーツには
変わりありませんが宝石品質ではないのは確かですね

もちろん天然宝石は過酷な環境のなかでも
純粋は存在します だから宝石と呼ばれます


自分とは少し違った容姿 自分とは少し違った性質
普通に存在してなんの不思議もないわけです

それを普通にインクルージョンとして
自分たちの世界に包み込んでしまったのが
先ほどの写真のクォーツです
最初に見た時は『なんだぁ』と思っていても
なんか人間味溢れたクォーツに思えてきます
冷たく感じないのですね
冷たいはずなのに温かみを感じてきます


『ソーシャル・インクルージヨン』と言う言葉があります
何者も限定せずに「全ての人々」が社会から隔離排除せず
共に助け合って生きていこうという考え方です

作られた綺麗な宝石にならなくてもキラキラしなくても
ありのままの世界で温かみを与えてくれる宝石は
キラキラと輝いて見えてくるような結晶に感じます


 に参加しています。
クリックよろしくお願いします。




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。