笑福亭学光師匠の落語学校に入学し施設に訪問して日々楽しんでいます。落語のネタを考えるのが日常になってきたお笑い福祉士3級の宝石鑑定士です。普通の日常生活を落語で紹介した笑いと涙のブログです。
  • 08«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »10
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014年06月04日 (水) | 編集 |
変わったバチ1

ヤフーオークションで変わったバチを落札しました
バチを持つとちょうど親指に当たるとこらへんに
穴があいてその周りには鉛らしきものが埋め込んであります

ヤフーの出品者は以下のようにコメントされていました

バチ
・製造メーカー:不明 ・材質:木製と白い材質は素人の為に不明 ・サイズ:長さ24.3cm/厚み《持ち手》3.1cm×2.7cm/幅《弦を弾く所》10.2cm
・商品説明
倉庫を片づけていた所出てきた品物です。品物については全くと言うほどド素人で解りません。
ジャンク品の理由として、持ち手の部分に2か所穴が有り、品物の真ん中辺りにも直径1cm位の穴が開いています。また写真では見にくいのですが、持ち手の幅の部分が補修後の様な縦穴がございます。細かい傷や弾く所の欠けと言いますか削れと言いますか厚みが薄くなっています。
以上、ジャンク品の為にノークレーム/ノーリターンでお願いいたします。
・お願い
質問の欄に質問をされても、上手く説明が出来ない為にお返事出来ないのでご了承ください。


先端の白い部分がひょっとして象牙ではないかな
とおもい興味本位で¥500で自動入札しました
何日か過ぎて出品者からコメントの追加

(追加)
骨董屋に持ち込みして見た所、先の白い部分は象牙で持ち手の部分は唐木で有ろうとの事でした。
品物は昭和の物だそうです。


これで競争相手も現れるかなと思いましたが
タイムリミットの1時間前になっても誰ひとり入札しない
¥1入札だったので『あれれ』¥1で落札かと
ワクワクし始めた時に¥370入札の落札者が現れ
ましたがそのままタイムリミットがやってきました  

わたしはその方よりも¥10多い¥380で落札です

送ってもらって早速確認すると『やった~
その白い先端部分はまさしく象牙でしたぁ~

宝石鑑定士『あかざわひろし』の本領発揮です
   (あかざわひろしの宝石教室クリックしてね)

でも三味線は全くの素人ですから
このような三味線のバチってあるのかどうか
落語教室の笑福亭學校師匠に聞いてみよっと
ということで昨日教室に持参し見てもらいました

DSCN1408a.jpg

みなさん落語教室なので真剣に落語の勉強中

そんななかわたしの落札したバチを見ていただきました

140603師匠2

『う~ん かわってるなぁ~

変わったバチ2

『横から見ても

変わったバチ3

『上からみても

変わったバチ4

『斜めから見ても・・・

140603師匠1

『う~ん わからん』 

見てもらっている間にわたしの持ち時間が終了とないました
教室では「親子酒」と「始末の極意」を練習していましたので
来週はこの二つの短縮バージョンをしたいと思います
ではこのへんで   『おあとがよろしいようで

バチ バチ  バチ バチ  バチ バチ 


 に参加しています。
クリックよろしくお願いします。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。