笑福亭学光師匠の落語学校に入学し施設に訪問して日々楽しんでいます。落語のネタを考えるのが日常になってきたお笑い福祉士3級の宝石鑑定士です。普通の日常生活を落語で紹介した笑いと涙のブログです。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014年03月28日 (金) | 編集 |
宝石用顕微鏡

宝石加工の技術一級を持っている
昔馴染みの職人さんから
宝石の鑑別をお願いされました

寛亭タルクは本当に宝石の鑑定が
できるのかと最近少々疑問の声が
上がってまいりましたので
ほんまもんでっせ』と
云う所をご覧下さいませ

上の写真は私が愛用している
宝石専門の顕微鏡です

依頼の宝石

そして今回鑑別依頼を受けた
宝石の写真の一部です

今回の鑑別代金は・・・

鑑別代金物品支給のの1

職人さんが出張先で買ってきた日本酒です
それからもう一つあります

鑑別代金物品支給その2

チョコレートでくるまれた日本酒
その名も日本酒ボンボンです

遠くから重たい目をしてわざわざ
持ってきてくれたので嬉しい限りです
日本酒ボンボンはどちらかと云うと
それぞれ別々のほうがいいかも・・・

鑑別の結果は緑色の宝石は
『白川郷濁り酒』の様に
少し濁ってはいましが純米・・・
天然エメラルドのコロンビア産
日本酒ボンボンの様に中に
液体で囲まれた気体と個体が確認できました
これを三相インクルージョンといいます
今回依頼のエメラルドの中に内包されていました
まさに日本酒ボンボンです  

赤い宝石は残念な結果の宝石です
重たい思いをして買ってきてくれた
日本酒の様にお客様に重たい気持ちで
伝えて差し上げないといけないでしょう

代々伝わる宝石にはたくさんの
思い出が内包(インクルージョン)されています
例えそれが言いにくい結果の宝石であっても
その思いはいつまでも輝いていてほしいですね

寛亭タルクの宝石教室でした  


 に参加しています。
クリックよろしくお願いします。



スポンサーサイト
2014年03月27日 (木) | 編集 |
第三回お笑い福祉士全国大会&交流会が
3月22日に姫路で開かれました
その前日の様子をご覧下さいませ

第三回お笑い福祉士前夜祭1

会場の準備からスタートです
広い会場に100人さんが来られるだろう
という事なのでパイプイスを100並べました

正面には垂れ幕をセンターに
合わせてあっちやこっちや
といいながら『ド~ン』と
セロテープで・・・ 

第三回お笑い福祉士前夜祭2

『どや こんなもんやろ
誰もさからいません

第三回お笑い福祉士前夜祭3

金屏風をバ~ン
『おお 見事や~

第三回お笑い福祉士前夜祭4

『おいおい 台や台 忘れとったがな』
「金屏風 破ったら台無しやからいっぺん退けよか」
『台持ってくんのに 台なしとはなぁ~』
「ごちゃごちゃ云うとらんとさっさとせえ

第三回お笑い福祉士前夜祭5

『おお~でけたでけた 立派なもんや
『ところで明日の順番は
「もってきてますぅ~

第三回お笑い福祉士前夜祭6

「こんな感じですわ~ どうです」
『ええ ええ ほんでええわ

第三回お笑い福祉士前夜祭7

わたしは仕事の都合で大会には
出席できないので準備が出来たところで
ちょっと座らしてもろて
雰囲気だけでも味わいました

第三回お笑い福祉士前夜祭8

わたしのところから客席を見ると
マイクが目の前にありこんな感じです 

第三回お笑い福祉士前夜祭9

アップしますと・・・
マイクだけになります

第三回お笑い福祉士前夜祭10

『おお やれやれ でけたでけた』
『明日がたのしみやなぁ~

と云う訳で夜も待たずに
かんぱ~い』ですわ

第三回お笑い福祉士前夜祭11

前夜祭のご馳走はお鍋じゃ~お鍋

第三回お笑い福祉士前夜祭13

それもボタンじゃ~ボタン
お皿の中にボタンが綺麗に咲いている
『誰や撮る前に花びら取ったんわ

第三回お笑い福祉士前夜祭12

あっちでグツグツ こっちでグツグツ
ガチャガチャ ガチャガチャ 箸の音
グ~ グ~ 具~ 具~ 腹の虫 

第三回お笑い福祉士前夜祭14

あ~かい 顔して楽しそう
幸せ見つけたぁ~ その瞬間

第三回お笑い福祉士前夜祭15

『あつ』と云う間のおひらきだ~
お笑い福祉士でよかったね~


 に参加しています。
クリックよろしくお願いします。



2014年03月05日 (水) | 編集 |
昨日 笑福亭学光師匠の
『落語教室』がありました

お笑い福祉士全国大会に
姫路代表として
出演することがきまった
『いわし』さんが
熱心に師匠の前でネタを
披露しました  

いわしさんの熱演授業

個性豊かな落語です
うけるか うけないかは
聴く側の感性次第と
云うところでしょうか

仕方なしに見ている師匠

師匠の微妙な笑顔が
全てを言いあらわしています

いわし「どんなもんでしょうか
師匠『それでいいと思います
いわし「どこかなおしましょうか
師匠『どう直します

こんな姫路メンバーをお楽しみに


 に参加しています。
クリックよろしくお願いします。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。