笑福亭学光師匠の落語学校に入学し施設に訪問して日々楽しんでいます。落語のネタを考えるのが日常になってきたお笑い福祉士3級の宝石鑑定士です。普通の日常生活を落語で紹介した笑いと涙のブログです。
  • 03«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »05
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年08月30日 (火) | 編集 |
神戸新聞2011.8.21幻のドジョウ記事より


通常の2倍の大きさのドジョウが
西宮市のため池で発見されたそうです

40年以上発見されていない幻のドジョウ
ジンダイドジョウ』ではないかと
「さかなクンが気付いて話題になった
クニマスに次ぐ発見か
と発見された方は胸が躍ったそうです

でも鑑定結果は太っていたドジョウとのことでした
残念ながら二匹目のドジョウとはいかなかったようです


。。。。。。。。新種じゃ~ないの。。。。。。。。


「絶滅危惧種かと思ったのになぁ」
『え~違うの じゃ~新種かい
「いや~ 太っていただけだったんだ」
『へ~ 太っているだけでああなるんだぁ』
「え まあ そうだな」
『そういや~ お前のかみさんよく食うもんなぁ~』



 に参加しています。
クリックよろしくお願いします。



スポンサーサイト
2011年06月01日 (水) | 編集 |
2011年6月1日神戸新聞3世紀の琴出土より


滋賀県栗東市の遺跡で古墳時代初頭
の一部が見つかったそうです

出土した琴の一部は長さがナント
158cmもあり近畿で最大級だとか・・・
わかりやすく言うと
ウチの嫁はんと同じです

栗東市の教育委員会は
『琴の全体像がわかる状態での出土は貴重』
とそのほかにもわかったことをコメントし
さらに
同じ地層から出土した土器などから古墳時代初頭
つまり3世紀のことと判断したそうです

『そういうことだったんですねぇ~』

3世紀といえば卑弥呼さんの時代です
卑弥呼さんも琴を奏でたのかなぁ~

そんなこと考えるとロマンいっぱいのドキドキ記事ですなぁ~



。。。。。 さんせーき の こと。。。。。


「すごいものがでてきたな」
『そうやで 3世紀の琴が出てきたんやからな』
「教育委員会がこれからイッパイ調べてまた発表するらしいわ」
『あ~ 大変やなぁ なんてったて3世紀のコトやからな』
「ほんまに やるコト さんせ~き やで



 に参加しています。
クリックよろしくお願いします。



2011年05月09日 (月) | 編集 |
神戸新聞2011年5月9日金婚祝福式典の記事より


結婚50年の夫婦を表彰する『金婚夫婦祝福式典』が
8日兵庫県の5つの会場で行われたそうです

参加者は寄り添って歩んだ半世紀を
感慨深げに振り返ったみたいです

そりゃ~なんと言っても50年も一緒にいたのですから
お互い日々反省 気使いながら手を取り合ってきたのでしょうねぇ

新聞の写真をみると寝ている人もいますが
ほとんどの人は笑っています

笑顔がたんせつなんでしょうね

ただのオヤジギャグだとおもっても
幸せのために笑った方がいいかもですよ


。。。。。。。。祝福のかね。。。。。。。。


「結婚50年を祝う式典があったそうですよ」
『お~ そりゃ めでたいな~』
「何か お祝いしましょうか
『そうやな 祝福のカネでもならそうか

     キンコン カンコン
     金婚 冠婚
     キンコン カンコン



 に参加しています。
クリックよろしくお願いします。



2011年05月05日 (木) | 編集 |
神戸新聞2011年3月4日ヒッチハイク女子


ヒッチハイクで全国47都道府県を踏破した
22歳の女性がその体験を本にして出版したそうです

著書のタイトルは
ヒッチハイク女子、人情列島を行く
1年4ヶ月の珍道中の体験を下に
県民性を大胆に分析した本だそうです

例えば
青森は旅人にやさしい
茨城はおおざっぱな人が多い
神戸は日本一イケメンが多い

神戸の男性は会話も気遣いもうまくイケメンぞろい
と語ってくれたそうです

なんか神戸で淡い恋でもしたのかな

いや~それにしても53年間ずっと神戸に
住んでいる私としてはとっても照れますなぁ~

旅に出るまでは極度の人間不信やったのに
いまでは医師を目指して猛勉強中だとか・・・

池田さん ええ子やなぁ~
あ~ なんかめっちゃ うれしいニュースです


。。。。。のっていけないヒッチハイク。。。。。


「いや~たいしたもんやなぁ ヒッチハイクで
   なんと女の子が全国を踏破したんやからなぁ
   おまけに本も出版したんやて すごいなぁ」

『いや~ おれもやろ~と思っとったんや』
「えっ 何を・・・」
『あの~ ヒッチハイクを・・・』
「お前みたいなおっさん
   誰が車に乗せるねん うっと~しい」
『え~ 男はあかんのんか
「あたりまえやん」
『ほなこんなんどうやろ
「どんなんやねん


『いけださん
    人情列島
    駆け抜けてん』

   『日本一
    イケメン多い
    神戸やで』

   『県民性
    ヒッチハイクで
    大胆に分析』

  『旅先で・・・え~っと え~っとあ~ もう浮かばへん』

「なんやねん それ」

必死俳句です


「池田さん すいません



 に参加しています。
クリックよろしくお願いします。



2011年03月30日 (水) | 編集 |
神戸新聞2011年3月8日さぬきうどんでバイオ燃料


香川県の地元の機械メーカーが
廃棄される冷凍の讃岐うどんから
バイオ燃料を製造する
技術開発をしているそうです

実証実験では100gの讃岐うどんから
濃度100%のエタノールが約10g製造できたとか・・・

さらに抽出後の残りカスからメタンガスと
肥料も製造できるみたいです

技術開発に取り組んでいる「ちよだ製作所」の
社長は 『うどんを余すことなく再利用できる』
と意気込んでいるそうです

でも余すことなく全部食ってしまって
あまらなかったらどうなるんですかねぇ

それにしても香川県の特産品
『讃岐うどん』はえらい という記事でしたぁ


。。。。。。。。さぬきのバイオうどん。。。。。。。。


「讃岐うどんで凄いことを研究してるなぁ」
『え うどんがどうかしたんか
「うどんから燃料とメタンガスと肥料ができるんだって
『なんだそりゃ 俺だってうどん食って屁と肥やしぐらいでるでぇ』
「なにをアホ言ってんねん このぬけ
はぬけてないわい ぬきやろ


 に参加しています。
クリックよろしくお願いします。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。